防火・消火システム

甲板粉末消火装置

[ 一覧ページへ戻る ]

1. 概要

 甲板粉末消火装置は、液化ガスばら積み船の甲板上の火災、特に貨物マニフォールド部分を対象とした消火装置です。IGCコード、SOLAS1974及び1981改正及びその他関係法令に準拠しております。

 また、(財)日本海事協会(ClassNK)にて甲板粉末消火装置の標準構造図面の承認を受けた弊社のオリジナル商品です。

甲板粉末消火設備証明書 ABC粉末薬剤証明書

2. 甲板粉末消火装置の特長

  • ボンベに貯蔵された窒素のガス圧力にて放射をするため動力源が不要です。
  • 船橋からの遠隔操作により放射起動が出来ます。
  • モニターノズルとホースを同時に使用して消火作業をすることが出来ます。
  • 荷役の際、消火準備のために引き出したホースに負荷が掛からないようホースボックスには、ショックアブソーバーを設置しています。
  • 消火剤は、電気に対して不良導体ですので電気設備を気にすることなく放射できます。
  • 低温条件下でも安定した放射性能が得られます。
  • 消火剤微粉末と窒素ガスの混合されたガス状のものが放射されますので、火災区域の細部まで入り込み効果的な消火が可能です。
  • 瞬時の化学反応で消火をするため短時間で消火が可能です。
主要仕様
粉末モニター     型式   D-65 
有効射程範囲(放射率) 10kg/sec 
有効射程範囲(最大距離) 10m 
ホース        型式   DPG-3.5 
有効射程範囲(放射率) 3.5kg/sec 
有効射程範囲(最大距離)   33m 
ホース径   φ25mm 
粉末消火薬剤 型式   ABC Dry Chemical Powder for Ship Use
このページのTOPへ
甲板粉末消火装置:タンクユニット甲板粉末消火装置:シリンダーラック甲板粉末消火装置:粉末モニター甲板粉末消火装置:モニターノズル実放射テスト甲板粉末消火装置:系統図 系統図のダウンロードJG NK BV KRABS